山歩き、街歩き、神社仏閣…そのほか色々、ガイドの日記です


by gifu-gaku

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
スノーシュー
北アルプス
岐阜県の山
八ヶ岳
愛知県の山
北陸
鈴鹿の山
台高山系
四国の山
町歩き
山梨県の山
散策
滋賀県の山
関東の山
静岡の山
長野県の山
群馬県の山
福井県の山
奈良県の山
京都
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

遅まきながら…熊野古道って良..
at 2016-12-09 21:21
魅力一杯凝縮された鈴鹿の峰 ..
at 2016-12-08 11:57
余韻に浸って林道歩き By宮..
at 2016-12-02 20:21
古都の眩いばかりの街の灯 B..
at 2016-12-01 10:42
誰も居ない鈴鹿の峰
at 2016-11-28 10:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
アウトドア

画像一覧

カテゴリ:鈴鹿の山( 5 )

魅力一杯凝縮された鈴鹿の峰 By福王山から三池岳

c0359075_11433143.jpg
c0359075_11434496.jpg
c0359075_11435598.jpg
鈴鹿の山と言えば「セブンマウンテン」に登山者は集中しますが、北は霊仙山から南は鈴鹿峠周辺へ、隈なく歩こうと思えばきりがない程。
同じ山でもコースを変えれば全く違う魅力が満載。一つのピークのピストンOR周回を終えたら、二つのピークを結んでみるのも良いでしょう。誰が決めたか「鈴鹿50座」ってのもありますね。セブンマウンテンの一般的なルートから一歩離れると、そこは皆さんの知らない鈴鹿。誰とも出会わない静かな山歩きを楽しめます。
マイナーも含め鈴鹿の全てのピークを目指すも良し、地図に歩いた所をマーキングし隈なく歩くも良し、霊仙山から鈴鹿峠周辺までの県境稜線を繋ぐも良し、色々な楽しみ方があるのも鈴鹿です。
秋から冬、春に鈴鹿を歩いてれば、夏のアルプスも楽に成ります。よく耳にする言葉に「鈴鹿を歩ければどこでも歩ける」。一理ある言葉かと思います。
PS
ただ個人で入山される時、特に滋賀県側ですが、鈴鹿の尾根と谷は大変入り組んでます。遭難が多発する魔の山域であることも心に留めておいてくださいね。
CLUB岳では…「鈴鹿を隈なく歩こう」「鈴鹿県境稜線を歩こう」両企画多数組んでます。是非皆さまも「魅力満載の鈴鹿へ」、静かな鈴鹿と共にお待ちしております。



[PR]
by gifu-gaku | 2016-12-08 11:57 | 鈴鹿の山

余韻に浸って林道歩き By宮指路岳

c0359075_20152800.jpg
♪秋の装い残した林道歩き♪、登山後の余韻に浸って歩く林道、結構好きです。お客さまと何やかやの山談義、世間話。登山道から解放された安心感、あとは温泉へ一直線のプロローグ。このほのぼの感が何とも好きです。
一般的に嫌われがちな車道歩き、折角ですから楽しんで歩きましょう。結構いいもんですよ。

[PR]
by gifu-gaku | 2016-12-02 20:21 | 鈴鹿の山

誰も居ない鈴鹿の峰

c0359075_10160064.jpg
c0359075_10161948.jpg
c0359075_10163278.jpg
c0359075_10164625.jpg
行楽シーズンの週末、下界では紅葉狩りで大賑わい、陽気に誘われ鈴鹿セブンマウンテンに数えられる峰々も多くの登山者が訪れてることと思います。
そんな喧噪を離れ、静かな誰も来ない鈴鹿へ。安心しきってた鹿も驚いて前方を横切り、此処は獣の領域。殆どの方が「それ、何処?」と思われるだろう「万野~大見晴」。素晴らしい眺望がある訳でなく、特徴ある奇岩がある訳でも無い、ごく普通の山。ただ地図に無いルートに一歩を記す喜び。妙な満足感ですね。
ただ…後半の「茶野」は私の超お勧めポイント(2枚目の写真)。冬の暖かな日を選んで、美味しいお弁当を持ち、此処だけを目的にする一日も良いのでは?
開けた美しい尾根からは、青く輝く琵琶湖を中心に、伊吹からアルプス方面、鈴鹿主稜線方面と眺望も抜群。
CLUB岳の企画から「茶野」の言葉を見つけたら、是非ご参加してみて下さい。この峰は期待を裏切りません。3月末の福寿草のシーズン、此処から御池テーブルランドまで縦走して頂ければ、きっと素晴らしい花の山歩きになることと思います。
「誰も来ない鈴鹿」「鈴鹿を隈なく歩こう」…皆さま、」どうですか?

[PR]
by gifu-gaku | 2016-11-28 10:29 | 鈴鹿の山

♪鈴鹿を隈なく歩こう♪のすすめ。By T字尾根

c0359075_15272084.jpg
c0359075_15273479.jpg
c0359075_15274734.jpg
c0359075_15280057.jpg
c0359075_15282326.jpg
c0359075_15283959.jpg
c0359075_15290457.jpg
c0359075_15292383.jpg
c0359075_15293739.jpg
♪鈴鹿を隈なく歩こう♪ 今回は…土倉岳から御池テーブルランドを経て晩秋のT字尾根。御池岳からボタンブチ周辺を除き、今日も誰とも出会わない山歩き。
木々は葉を落とし冬枯れに…、足元は踏み跡も判らぬ程の落ち葉の絨毯。
青空にも恵まれぽかぽか陽気。珈琲タイム2回、休憩は数知れず、時の流れを忘れのんびり鈴鹿山中で過ごすひと時はこれ以上無い至福のひと時。
テーブルランド東半分をぐるり周遊、痕跡は鹿の道だけ。冷え切った今日の朝、その分眺望は抜群。良いですね、のんびり鈴鹿。
皆さまもどうですか?♪知らない鈴鹿の山旅♪ 鹿の鳴き声木霊する森と共にお待ちしてます。



[PR]
by gifu-gaku | 2016-11-24 15:43 | 鈴鹿の山

な~んにもない所がいい

c0359075_21444460.jpg
c0359075_21445793.jpg
c0359075_21452980.jpg
c0359075_21464034.jpg
c0359075_21472765.jpg
♪大君ヶ畑から万野、大見晴を経て茶野♪ 「それ、何処?」「鈴鹿にそんな所あったっけ?」ですよね。昭文社の鈴鹿の地図を広げてみてください。御池岳の西北西を見て頂くと、登山道も何もない所に、その名はあるんです。ちなみに…大君ヶ畑を「おじかはた」っても読めませんよね。
そんなローカル中のローカルルート、良いんですよぉ~。「何が良いかって?」「何もない所!」。ホントになにも無いんです。頂上からの大展望が有る訳でなく、信仰の対象に成るような大岩&奇岩が有る事も無く、見事になにも無いんです。
ただ一つ!自慢できるのは…「誰とも会わない静かな鈴鹿」。「鹿の鳴き声木霊する、美しい森」。「落ち葉いっぱい、足裏で感じる秋」。「プチ探検的山歩き」。結構いっぱいあるんですよ。
ただ、いざ人に聞かれると…「大見晴の良い所って?」「…………」。だけど良いんです。訪れた方しか判らない良さが。それを言葉で言い表せないだけなんです。
一度訪れてみて下さい。きっときっと、静かな鈴鹿に魅了される事と思います。
CLUB岳の「鈴鹿を隈なく歩こう企画」で、魅力ある鈴鹿をいっぱいご用意してます。精霊の森と共に、お待ちしております。

[PR]
by gifu-gaku | 2016-11-03 22:05 | 鈴鹿の山